安く買う方法は時間を選ぶ

皆がこの商品に注目しているなら、欲しい人が多いので、ライバルも多い。
あまり入札者がいないタイミングを狙って、つまり深夜時間帯なら、安く買える確率がかなり高くなる。

オークションは時間制限があり、あらかじめ終了時刻が決まっていますが、任意の残り時間内に入札があった場合、終了時間が延長されます。結果として、入札するユーザーがいなくなった時点でオークションが終了します。そのため残り時間がわずかになってから入札が活性化するのが特徴です。「残り数秒」になってから多くの人が入札に参戦してくるのです。

入札するユーザーの立場で考えると、ペニーオークションは宝くじに近いサービスかもしれません。くじを買うように入札料を支払うことで、格安で商品が買えるかもしれない。また落札時間ギリギリでほかの入札者と競り合うというゲームを味わうこともできるのです。

このシステムが、ユーザー心理をたくみに操っている点です。特にサイト上で安価入札に成功したユーザーの紹介などをされると、ついつい「私も!」と思ってしまいます。

ユーザーの視点で考えると、利用するサイト選びは慎重にする必要があるかと思います。また、ペニーオークションはギャンブル性が高いサービスなので、 「落札できたらもうけもの」というくらいの軽いスタンスで楽しむのがいいのではないでしょうか。競り合いで熱くなり過ぎるのは要注意です。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加