消費者庁は、入札するたびに入札手数料のかかる「ペニーオークション」サービスを運営する3社に対し、景品表示法に基づく措置命令を行った (報道発表資料PDF、 YOMIURI ONLINEの記事、 INTERNET WATCHの記事 ) 。
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/110331premiums_1.pdf

対象となったのは、「ポイントオークション」を運営するDMM.com、「凄オク」を運営するアギト、「ゼロオク」を運営するゼロオクの3社。ペニーオークションでは入札開始価格および1回の入札金額の単価は低額だが、入札するたびに50円から75円程度の入札手数料が必要となるため、必ずしも安価で購入できないこともある。また、落札できなくても多額の入札手数料を支払うことになる場合もある。それにも関らず、各社がペニーオークションにより商品が著しく安価で購入できると誤認させるような表示を行っていた点などが、景品表示法で規定する不当な表示(優良誤認および有利誤認)に該当すると判断された。

なお、措置命令との関連は不明だが、ゼロオクは3月31日でサービスを終了したとのこと。

まあ、あの程度は簡単だとわかるが、普通にお金を得ることはできていますよ。
儲けるといっても、儲け方によりますが、普通に商売して普通に儲ける程度は、あれの難度とは関係ありません。

そして現在巷で言われているペニーオークションの問題は大半の運営会社がオークションが不透明で
サクラの存在の可能性が非常に高いこと、サクラが無ければペニーオークション自体は
きちんと規約を読まなかったり、計算できなくて自分で境界線を引けない人が理不尽な文句を言う以外は問題がありません

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加